魅力的なデザイナーズハウスの特徴

最近たくさん建築されている住宅の1つにデザイナーズハウスがあります。この特徴は、専門のデザイナーがデザインをする住宅で、個性的な外見や内装をしています。住宅が何件か並んでいても、目立つのが特徴になります。
これは、注文住宅の一種になりますが、設計士の中でも匠と呼ばれている専門のデザイナーを雇ってデザインをすることになりますので、特徴的な形になるのが普通です。例えば、部屋の中に大きなリビングがあり、キッチンが真ん中にあるといった特徴的なデザインです。また部屋の中に螺旋階段があるなど、初めて訪れる人は思わず目を丸くしてしまうようなデザインになっています。さらにトイレと洗面所の間に透明なアクリル板があり、洗面所の中からお風呂場が丸見えになってしまうような作りもよくあります。

費用についてはどれぐらいになるか

実際にデザイナーズハウスを建築するためには、どれぐらいの費用がかかるか気になるかもしれません。基本的に通常の注文住宅に比べると費用が高くなります。なぜなら、その住宅を建築する人は専門のデザイナーだからです。専門のデザイナーを利用すると言う事は、その分設計料が高く設定されているのがポイントになります。
特に有名なデザイナーを利用する場合には設計料だけで2000万円以上かかることも珍しくありません。そういう意味では、いくら理想的な住宅を建築するデザイナーがいたとしても、断念しなければならないこともあるでしょう。
総合的には、通常の注文住宅よりも2割から3割ぐらい高くなると考えておけば間違いありません。使う素材によっても大きく料金が変わりますので、多少妥協することも重要です。

どれぐらいの期間がかかるかにも注目する

金額も気になるところですが、デザイナーズハウスを建築するにはどれぐらいの期間がかかるかも知っておく必要があります。注文住宅であれば、ハウスメーカーの場合は設計から3ヶ月前後で建築が完了します。一方で、工務店の場合は4ヶ月から半年ほどかかるのが相場になります。
デザイナーズの住宅の設計から完成までにかかる期間は、どちらかと言えば工務店に近い感じですが、実際にはデザイナーによってその期間は大きく異なります。デザイナーは、設計に十分こだわりますので、設計だけで半年前後かかるかもしれません。
これだけ時間がかかる理由は、詳細なやりとりをデザイナーと建築主の間で行うからです。建築主としても当然建物に対しては強いこだわりを持っていることが多くなりますので、デザイナーの設計に対して注文をつけて、途中で内容が変更されるともあるため、時間がかかるのが相場です。